Ameise [アーマイゼ]  ヘアスタイルからリラクゼーションまでトータルでサポート男性のための癒しの空間

第62回 全国理容競技大会

第62回 全国理容競技大会 in香川

会場 サンメッセ香川理容師日本一を目指して行われる
平成22年度 第62回全国理容競技大会
会場は毎年変わり今回は香川県高松市の
サンメッセ香川
開会式で選手の入場
各都道府県予選&地方ブロック大会を
勝ち抜いてきた各県の代表選手
開会式
競技開始47都道府県の代表、総勢65名
それぞれの思いを胸に
1年間の集大成を35分間にぶつけます
2008年度3位、2009年度準優勝
今大会、作品にかける思いは
間違いなくNo.1
勝っても負けてもラストイヤー
競技人生で最高のパフォーマンスを…
競技風景
審査開始全国大会ともなればモデルの存在感も大事
顔立ちはもちろん
身長も180cmクラスは当たり前です
さらに髪質など選び抜いてタッグを組みます
髪は技術者が、アピールはモデルが担当です
モデルは185cmを超える高身長!
存在感抜群のプロモデルM氏
熱い思いに賛同してくれて
出会いから数年越しの初タッグでした

「俺を見ろ」アピール全開!
40分近く同じ姿勢でのポージング
長時間動かないこれはツライことです
共に戦う思いで乗り越えます
仕上がり
審査中65名近くの作品を一作品づつ
8名の審査員が見ていきます
第一印象で良作10作品に選ばれなければ
その他大勢の評価になり
上位入賞は難しくなります
審査終了後、公式撮影からモデル解放
師匠やコーチにアドバイスをいただきます

待ち構えていたカメラ小僧達
良い作品には人の群れ
日本一を目指す若手理容師達が
貪欲に勉強のためシャッターを切ります
モデル解放
歓喜の瞬間表彰式
敢闘賞5名、上位3名の発表
最後に名前が呼ばれるまでは
何が起こるかわからない

名前が呼ばれた瞬間
この瞬間の為に何日も深夜まで
練習してきたモデルと歓喜の抱擁でした
師匠が果たせなかった日本一を
師から弟子へ、歴代の先輩からの襷リレー
20年近くかかって悲願達成した日本一
師匠とも喜びを分かち合います

東京代表としても18年ぶりの優勝
師弟
表彰台表彰台の頂点
誰よりも高い場所からの景色

勝って泣いて、負けて泣いて
真剣だから流す涙
これを見て何も感じない人はいない世界
コンテスターにとって日本一とは
重く、崇高で何にも代えがたいものです
仲間との記念撮影
写っているのはほんの一部
多くの人が励まし応援
協力してくれて達成できた日本一
心から感謝です
記念撮影

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional